1: 2013/09/10(火) 12:03:49.09 ID:uIFfoYLA0
自国兵士の扱いや環境が悪かった歴史上の軍隊ランキングワースト10
誰の率いたどの国の軍ってかたちで書いた
基本有名もしくはでかい国の軍隊で、小国とか反乱軍とかは範囲外な

2: 2013/09/10(火) 12:04:31.52 ID:uIFfoYLA0
まず、上司は有能だけど過酷すぎる系

10位 項羽率いる楚軍

項羽そのものは武人としても戦術家としても優れているが、自尊心が強すぎて部下の手柄を認めなかったりまともな報酬与えられなかったりする。
元ニートで天才戦術家の韓信は逃げだした。
また、連戦連勝をするのだがその内容は兵士を無理やり酷使しているものが多い。
有名なのは河を渡った後に船と食料を焼き、兵士に生き残りたかったら勝って食料を敵から奪うしかない、という退路の無い状況にした移動速度と士気を維持する戦法。
どSで残虐なくせに中途半端に甘かったり大局的な戦略性に欠け、終わりの見えない戦争をする点もマイナス

3: 2013/09/10(火) 12:05:58.03 ID:uIFfoYLA0
9位 アレクサンドロス大王率いるマケドニア軍

大王自身は兵士を想いやり一緒に行軍し水や食料を分け合うカリスマ性のある人物なのだが…
国のためでも民衆のためでも王家のためでもなく、ただ己個人の「東の地に冒険してー」
という望みのために故郷を離れはるか地の果てまで終わりの見えない行軍をさせられ、疫病と毒持ち生物のジャングルに突っ込まされる
しかもその望みに反対したらどんな偉い将軍だろうと殺される、酔っ払って切り殺される。
作戦は自分が勘でたてたものだったりなどの独断専行すぎる部分もある
下手したら十倍はあろうかという数の敵軍と対決させられることもあり
ただし戦いには常に勝利する

4: 2013/09/10(火) 12:06:04.31 ID:rOMONOGR0
項羽って「一般大衆」っていうのを一人でやったような奴だったんだな

5: 2013/09/10(火) 12:08:00.52 ID:uIFfoYLA0
8位 李世民の率いる唐王朝軍
昔々あるところに李靖という子供のころは神童扱いされたが、大人になってもあんまり出世できない人がいました。
世渡りが下手なこともあり、おっさんどころかおじいさん一歩手前になってようやく李世民という王族の下で活躍できました。
中原統一のため走りまわって疲れたし、勲功をあげ初老を迎えたので引退してのんびりしたいです、と王に言ってみたところ
「おまえ有能だから休ませるわけねーだろ」と言って、まともに町もない北方の極寒の大草原に派遣され、
あげくに「最強の遊牧騎馬民族を平定してこい、それまで帰るな」と言われたかわいそうな人がいましたとさ、めでたしめでたし

要するに有能だったらひたすら酷使されまくる。
記録(歴史)捏造や親族友人をとわない粛清もある。

6: 2013/09/10(火) 12:09:31.48 ID:0XMozImB0
ワーストはあの軍だろうな

10: 2013/09/10(火) 12:12:43.34 ID:uIFfoYLA0
ランキング再開

7位 ファルケンハイン率いるドイツ帝国軍

WWⅠで物資が不足し始めたころのドイツ参謀総長ファルケンハイン。
戦略家としては、無能どころかドイツの完全勝利が不可能なことを早期に見抜き、
有利な状態で講和に持ち込もうとした人物であるが、戦術家としては有能とは言えない。
その講和を有利に進めて終わらせるために戦局を傾かせようとした作戦が、約四十万人ドイツ人戦死者を出して失敗したヴェルダン要塞攻略作戦であった。
泥沼の消耗戦となった西部戦線を構築し、ヴェルダンなどの過酷な突撃作戦を考案したため、
すさまじい数のドイツ兵の命を失う上に戦果の上げられない戦いをおこなってしまった。
死んでも死んでも黙々と兵士を送り続けることから「ヴェルダンの血液ポンプ」「ヴェルダンの骨ミキサー」と欧州では蔑まれている

戦略家として冷酷な決断をする典型的軍人。
ただ個人として接すると優しく思いやりがあり、後にユダヤ人を助けるなど決して非情な人物ではない。

13: 2013/09/10(火) 12:16:50.34 ID:uIFfoYLA0
6位 フォッシュ率いるフランス軍

フォッシュはWWⅠでフランスを勝利に導いた軍人で英雄扱いされているが…
その内容は、戦争初期段階で機関銃と塹壕によって既存の戦力集中型突撃が無意味になったにもかかわらず
ひたすら突撃精神(エラン・ヴィターレ)を繰り返し、フランス人兵士の死体の山を作った。
自尊心が強くイギリス軍との連携もあまりとろうとしなかった。
ドイツのような新戦術やイギリスのような新兵器導入による戦況変化への試みもあまり積極的ではなく、保守的だった。
消耗戦でドイツと相打ちしたことで結果的に連合軍勝利の立役者となるが、
フランスの人口ピラミッドを致命的なレベルまで崩壊させ大国としての地位失墜の根本的原因となる。

フォッシュ語録
「我が軍の右翼は押されている。中央は崩れかけている。撤退は不可能。状況は最高、これより反撃する」

15: 2013/09/10(火) 12:19:10.83 ID:7FlY+pZS0
>>13
言葉はかっこいいけど背景を想像すると恐ろしいな

21: 2013/09/10(火) 12:25:41.39 ID:D3ahFdOx0
>>15
つねに攻撃を考えるのは軍事上間違っちゃいないんだがな。
グーデリアンもパットンも似たようなこと言ってる

14: 2013/09/10(火) 12:17:40.75 ID:uIFfoYLA0
5位 富永恭次の率いる大日本帝国軍

大日本帝国軍そのものが上官の建てた作戦は穴だらけ&精神論で現場の兵士の技量で無理やりうまく行かすというブラック軍隊であったが、その中でも特にひどい指揮官。
技量、人格ともに悪い上司を絵にかいたような人
指揮した作戦の死者数そのものは他の人よりもはるかに少ないが内容があまりに酷いためランクイン

………説明要りますでしょうか?

16: 2013/09/10(火) 12:20:59.06 ID:rOMONOGR0
>>14
寧ろこんなところで富永が出て来るとは
俺からすれば牟田口以下

18: 2013/09/10(火) 12:22:55.83 ID:0XMozImB0
>>16
あんたも大分詳しそうだな

17: 2013/09/10(火) 12:22:15.50 ID:7FlY+pZS0
>>14
説明要る
おせーて

19: 2013/09/10(火) 12:23:01.26 ID:rOMONOGR0
>>17
陸軍特攻の創始者
次々と部下が特攻していく中自分は敵前逃亡

22: 2013/09/10(火) 12:27:38.81 ID:uIFfoYLA0
>>17
もともとは中央司令部で「東條英機の腰巾着」とまわりにあだ名された人。
上司に媚を売って出世するタイプ
中央で権力争いするタイプだったのに前線指揮官に配置された結果、ほとんど戦略性の無い作戦を立案
さらにその主軸が特攻であった。
死ぬのが怖くて帰ってきた兵士をぼろ糞罵倒して全員最終的に特攻させたくせに
自分は敵前逃亡し台湾に芸者をはべらしながら逃亡

誰ひとり彼に敬礼する者はいなかったという

20: 2013/09/10(火) 12:23:40.71 ID:uIFfoYLA0
4位 レンネンカンプ率いるロシア帝国軍

日露戦争やWWⅠのロシア軍。
公金横領をしたり、自分が気に入らないと言う理由で同僚に作戦協力をしない、そんな軍人。
おまけに貴族出身でロシア軍一般兵はボロボロの装備であったが、士官は豪華でぜいたくな格好と食事をどんなに補給不足でもしていた
東部戦線でチャンスにもかかわらず同僚が嫌いだから協力しなかったりドイツ軍が迫っていて友軍が危機的状況だとわかっていても無視したりしたため
ロシア軍は完璧に叩きのめされた。
わずか2年間で総兵力1400万人中530万人の大きな犠牲を出した原因。

24: 2013/09/10(火) 12:32:03.72 ID:uIFfoYLA0
3位 牟田口廉也の率いる大日本帝国軍

インパール作戦の人    説 明 終 了 !


…近現代戦にもかかわらず戦死でも病死でもなく餓死によって大量の兵を失わせた点で軍として富永を下回る評価にしました

27: 2013/09/10(火) 12:33:33.48 ID:UTytbDK10
>>24
ちゃんと説明してよ・・・

30: 2013/09/10(火) 12:36:18.24 ID:rOMONOGR0
>>27
インパール作戦
インド方面への進軍
補給が杜撰(通称ジンギスカン作戦、運搬用のラクダだか馬だかをそのまま食糧に充てる)
日露戦争なみの死者がでた
こいつも自分は芸者侍らせて逃亡した筈

25: 2013/09/10(火) 12:32:21.69 ID:rOMONOGR0
宇宙戦艦ヤマト見てるけどこういう奴一人いるな

28: 2013/09/10(火) 12:35:02.40 ID:119dqgl70
そろそろ長文書くのも疲れたんだろ

36: 2013/09/10(火) 12:38:10.39 ID:uIFfoYLA0
>>28
ばれたか

32: 2013/09/10(火) 12:37:26.21 ID:YK+JkIKT0
スヴォーロフが銃剣突撃信者っていうか
ライフリングが施されてる銃器が主流武器になるまでは
そうせざるをえないだけだろ

39: 2013/09/10(火) 12:40:17.93 ID:uIFfoYLA0
>>32
銃剣突撃も場面によってはしないほうが被害が少なく済むんですが
スヴォーロフは被害が大きくなろうと勝利のために突撃させていたのではないか
という批判が後の軍事評論家にされていた…はず!

41: 2013/09/10(火) 12:43:08.35 ID:uIFfoYLA0
では再開します


2位 スパルタ軍

特定の指揮官はなし
兵士として優秀かどうかが全ての軍事国家。
生まれた瞬間から「身体が兵士として恵まれているか」をテストし、貧弱なら殺害、もしくは捨てた
幼少時から親元を離れ訓練所に強制的に入らされ、厳しい教育を受けさせられた
脱落者は全ての名誉を失い殺害されることもあった。
訓練所では仲間を見捨てたり裏ぎり騙しだしぬくことが推奨され、勝利至上主義を叩きこまれた
一人前の兵士になると、どんなに絶望的な戦況でも死ぬまで戦う究極の洗脳兵士が誕生した
現代のスパルタ教育の語源

まさにブラック軍を体現した存在

ただ、国家としては人口の大半が奴隷であったため彼らの反乱を抑えるために強力な軍が常に必要だったという事情もある

44: 2013/09/10(火) 12:47:14.30 ID:uIFfoYLA0
【第1位】 スターリン率いるソビエト連邦軍

45: 2013/09/10(火) 12:48:28.65 ID:uIFfoYLA0
まず、軍隊指揮官としてはスターリンはライバルのトロツキーなどにははるかに劣る、
というかはっきりいって有能ではない指揮官であった
革命初期には作戦に口を出したがるくせに何度も失敗し、そのたびに他人のせいにしていた。
経験が浅いころだけではなく、冬戦争などの経験を積んで出世した時期にもその甘い判断から圧倒的優位にもかかわらず兵士を大量に死なせ敗北している。

46: 2013/09/10(火) 12:48:32.46 ID:K0AG12+/0
まあ鉄板ド真ん中だな

51: 2013/09/10(火) 12:56:37.37 ID:tBU8oEXc0
最強のホワイト軍は?

58: 2013/09/10(火) 13:10:18.06 ID:uIFfoYLA0
>>51
うーん…後漢の光武帝(劉秀)の軍隊とかでしょうか
有能な指揮官が部下に多く、劉秀は無茶苦茶心の広い人物だったので割と致命的な失敗しても何度もチャンスくれるし
さらに補給にかなり気を使うタイプ、前線で皇帝自ら戦いたがる勇敢な人物であまり兵士を死なせなかったと言われています

もしくは元奴隷のバイバルス率いるマムルーク部隊ですかね
彼は少年時代にモンゴルに部族を潰され奴隷として離れ離れに売り飛ばされた経験からか
とにかく「仲間を守る」ことを信条として動く指揮官です
軍人仲間を守るためには民間人に多少の粗暴をはたらいていても黙認したり、法律犯したのを擁護したり
あげくにマムルークが追放された時もバイバルスは自身は有能で引く手あまただったのに仲間を見捨てず砂漠の放浪につきあったり

敵は皆殺しにしたりする冷徹さもあり有能ですし

61: 2013/09/10(火) 13:14:07.11 ID:rOMONOGR0
>>58
バイバルスの方はホワイト企業が消費者からはたいてい評判が悪いのと似てるな
規律のいい加減な軍隊は民間人からは災害でしかない

59: 2013/09/10(火) 13:10:44.23 ID:3vDg8fZkO
スパルタ軍はなんだかんだで強かったしテルモピュライでは王自ら特攻してるから印象は悪くない
自分ならスパルタに生まれた運命を呪うだろうけどな

68: 2013/09/10(火) 13:18:50.43 ID:uIFfoYLA0
>>59
仰る通りですw

62: 2013/09/10(火) 13:15:11.83 ID:uIFfoYLA0
ではランキングは以上で終了です

独断と偏見ランキングなので異論とかありまくると思うのであったら教えてください

1

63: 2013/09/10(火) 13:15:47.76 ID:3vDg8fZkO
>>1
かなり面白かった

64: 2013/09/10(火) 13:15:53.81 ID:cfLIwlJ20
なんでそんなに幅広く詳しいんだよ

65: 2013/09/10(火) 13:16:57.27 ID:3Mp9BzLG0
面白かった

67: 2013/09/10(火) 13:18:42.27 ID:fG8/8plt0
アメリカ南北戦争の指揮官達はどうなんだい?

71: 2013/09/10(火) 13:23:20.79 ID:uIFfoYLA0
>>67
実は南北戦争指揮官はリー、グラント、シャーマンくらいしか知らなくて…申し訳ない

まぁ北部は補給ができてましたし、ライフル式銃や銃剣戦などの経験が浅い指揮官が多かったけど
そこまでブラックではないかなぁ…と。
南軍は士気がもともと高かった勇敢な兵士が多く、強制されたという印象はあまりないんです
死者が凄まじく多いのはやはり近現代戦の特徴ですし、多少の戦術変更では避けられなかったと思います

南軍ってどんな指揮官いましたっけ?

74: 2013/09/10(火) 13:32:06.15 ID:694AT9Wp0
ホワイトな軍隊なんてないだろ

81: 2013/09/10(火) 13:49:45.90 ID:VG1FFVqa0
ニューギニア戦線もすごそうだ

82: 2013/09/10(火) 13:51:05.80 ID:G7twGOWw0
ジャワの極楽 ビルマの地獄 死んでも帰れぬニューギニア

83: 2013/09/10(火) 13:54:49.38 ID:badiuV5Z0
兵士がブラック化するのはある意味仕方ないけど、指揮官がブラックなのは言い訳できないよ
「どの軍も義務違反を行ってる」ってわけじゃないんだから

89: 2013/09/10(火) 14:25:34.85 ID:b+XYRTkM0
結構歴史趣味の人って特定の歴史に偏るもんだけど全体的に見られて面白かった

引用元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378782229/