平安時代になり、『法華経』や密教が浸透するにつれて日本の竜は明確に独自性を帯びてくる。9世紀には室生寺に「竜穴」の記録が現れ、雨乞い信仰が行われるようになった。竜穴はその後も日本各地の寺社に現れ、中世には竜穴同士は地下で繋がっており、竜もしくは蛇竜が行き来しているという観念が生まれた。中世末になると、戦国大名の里見義頼は竜が描かれた印判を使用するようになる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/日本の竜より一部抜粋



1
2
【神】目でトレースして絵を描くのは悪なのかという論争に対してプロが落ち着いてと投稿した絵wwwwwwwww
1