1
クレームをつける消費者を「クレーマー」と呼ぶ。日本では度が過ぎたクレームをつける消費者を「クレーマー」と呼ぶこともある。クレーマーは、2000年代後半頃に徐々に注目を浴びるようになった。

クレーマーの種類

弁護士の横山雅文らによると以下の5種に分類される。

性格的問題クレーマー
主観的な価値観、思い込みによって自分が有能であると思い込むクレーマー。 損得勘定ではないため賠償や交換対応などに興味はない。性格上、本人が間違っていても反省することがない。

精神的問題クレーマー
精神的に問題があるとみられるクレーマー。自傷、自殺などをほのめかすことがある。
担当者と親密になり心の隙間を埋めたいため、密着し長時間の電話などをしてくる。

常習的悪質クレーマー
攻撃性はないが利益を求め、何度もクレームを出す。
比較的少額のクレームが多いが存在しない問題も作り出す。

反社会的悪質クレーマー 
暴力団関係者などのクレーマー。秘密を共有しようとする。

クレームストーカー
相手に好意をもち、面会等の手段として多数の言いがかりをつけてくるクレーマー。
https://ja.wikipedia.org/wiki/クレームより一部抜粋


【大反響】学校に行きたくないと思い悩んでいるみなさんへ
1