1
ベルクマンの法則(ベルクマンのほうそく)とはドイツの生物学者クリスティアン・ベルクマン(Christian Bergmann)が1847年に発表したものであり[1][2]、「恒温動物においては、同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど体重が大きく、近縁な種間では大型の種ほど寒冷な地域に生息する」というものである。これは、体温維持に関わって体重と体表面積の関係から生じるものである。類似のものにアレンの法則がある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ベルクマンの法則より一部抜粋



【アカン】廃校から無茶苦茶なチャイムが鳴り出した瞬間!アカンアカンアカンアカンやつ
1