医学部1号館
1931年完成。設計は内田祥三。現在は、隣接して建設された地上14階建ての医学部教育研究棟(2002年完成)と一体利用されている。
1
画像:医学部1号館(左に見えるのが医学部教育研究棟)
wikipediaより
トンネル効果、量子トンネル、または単にトンネリングとは、古典力学的には乗り越えられないはずのポテンシャル障壁を粒子があたかも障壁にあいたトンネルを抜けたかのように通過する量子力学的現象である。太陽のような主系列星で起こっている核融合など、いくつかの物理的現象において欠かせない役割を果たしている。トンネルダイオード、量子コンピュータ、走査型トンネル顕微鏡などの装置において応用されているという意味でも重要である。この効果は20世紀初頭に予言され、20世紀半ばには一般的な物理現象として受け入れられた。 トンネリングはハイゼンベルクの不確定性原理と物質における粒子と波動の二重性を用いて説明されることが多い。この現象の中心は純粋に量子力学的な概念であり、量子トンネルは量子力学によって得られた新たな知見である。 wikipediaより
1
<物語>シリーズ アニメーション制作:シャフト
マウリッツ・コルネリス・エッシャーはウッドカット、リトグラフ、メゾティントなどの版画製作でよく知られたオランダの画家(版画家)である。建築不可能な構造物や、無限を有限のなかに閉じ込めたもの、平面を次々と変化するパターンで埋め尽くしたもの、など非常に独創的な作品を作り上げた。wikipediaより
1
M・C・エッシャー (ちいさな美術館)
1
グレイヴ・エンカウンターズ【DVD】
【質問】女子はなぜデートする時「私を楽しませろ」みたいなスタンスでくるの?
1