party_kansougeikai_business_man
報・連・相(ほう・れん・そう)は、「報告」「連絡」「相談」を分かりやすくほうれん草と掛けた略語。主としてビジネス(職場)において使われる。
一般に、1982年に山種証券社長の山崎富治が社内キャンペーンで始めたことが広く知られている(著書『ほうれんそうが会社を強くする』がベストセラーとなり広まった)。なお、福島中央テレビ元社長の今泉正顕によると、元々提唱したのは日本青年会議所会頭をしていた若き日の山崎種二であるという。wikipedia 報・連・相より
1
ほうれんそうが会社を強くする―報告・連絡・相談の経営学
【悲報】上場企業正社員で学歴もそこそこの俺氏が彼女の両親に挨拶に行った結果!wwwwww
1