ただ自身が霊体のため、物を持つことも話しかけることもできず、媒体となるヒカルを通してでないと周囲との接触も碁を打つこともできず、自分の存在を知らしめることは不可能である。 そのためヒカルを介して対局したり、ネット上でハンドルネーム「sai」を名乗ってネット碁を打ったりしていた。その棋力から、ネット碁を行う世界中のアマ棋士の間で正体を探られる程に認知されることとなる。
wikipedia ヒカルの碁 藤原佐為より
1
1
塔矢アキラ ヒカルの碁より
1
ヒカルの碁 文庫版 コミック 全12巻完結セット (化粧ケース入り) (集英社文庫―コミック版)
【悲報】「物理学のガチ質問来い」がレベル高すぎて質問すらできないwwwwwwもちろん質問の答えを見てもわからない
1