1
トロンプ・ルイユ(Trompe-l'œil、騙し絵)とは、シュルレアリスムにおいてよく用いられた手法・技法である。ただし、シュルレアリスムに限って用いられるものではない。フランス語で「眼を騙す」を意味し、トロンプイユと表記されることもある。今日では解りやすく「トリックアート」と呼ばれる事も多い。

トロンプ・ルイユの範疇に分類される様式はかなり広く、例えば次のようなものが挙げられる。
壁面や床などに実際にはそこに存在しない扉や窓、人物、風景などを描き、あたかも存在するように見せかける作品
平面作品に物を貼り付けて、絵の一部が外に飛び出しているような作品
3次元の現実ではありえない建築物を描いた作品(例えば、エッシャーの作品)
人体や果物・野菜などを寄せ集めて人型に模した作品(例えば、アルチンボルドや歌川国芳の作品)。寄せ絵、はめ絵という
普通に見ると人間の顔に見えるがさかさまにしたり、向きを変えたりするとまったく別の物に見える作品(例えば、ルビンの壺)
大きさや長さについて錯覚を起こさせるような作品
https://ja.wikipedia.org/wiki/トロンプ・ルイユより一部抜粋

【衝撃】祖母の戦争がまだ終わっていない話
1