中央値とは、代表値の一つで、有限個のデータを小さい順に並べたとき中央に位置する値。中央値は平均値と類似した目的で使うが、用途によっては中央値のほうが平均値よりも優れていることがある。これは、たとえば年収の場合を考えてみるとわかりやすい。 貧富の差が激しい国では、一部の富裕層が平均年収をつり上げてしまっている為、平均年収は「普通の人」の年収よりもずっと高い値になってしまう。この為平均年収は「普通の人」の生活水準を推し測るには向かない。例えば、人口100人の集落で、90人が年収200万円だとしても、10人が年収5000万円であれば平均年収は680万円となってしまい、実態と大きくかけ離れることになる。wikipediaより
1
賭博破戒録カイジ 全13巻 完結コミックセット(ヤングマガジンコミックス)
【悲報】あざといとわかってるのにぶりっ子を好きになってしまう
1