1
県民は常に方角の確認を怠らない。特に北への執念は強く、目印を探してはそれを元に方角を割り出す特殊能力を持つ。県外人の場合2〜5年程群馬に住むと身につく能力のようだ。方位を確認する習性は、県内の広大な平野、そびえ立つ防壁(山間部)という県内で迷わず行動するのに必要な能力、いわゆる土地勘として身についたものであろう。県南部では赤城山、沼田市周辺では谷川岳、それ以外の場所では上越から吹き降ろす風を頼りに北を割り出す。県内製の方位磁石には、北をあらわす文字としてNの代わりに風が使われている事はよく知られている。
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/群馬県より一部抜粋

【衝撃】群馬県に足を踏み入れた結果wwwwwww
1