1
ハク
 声 - 入野自由
油屋で働いている謎の少年。外見年齢は12歳。魔法使いの見習いで、湯婆婆の弟子であり、また番頭として湯屋の帳場を預かってもいる。作中で初めて千尋と会ったときから彼女の力になる。
釜爺によれば、千尋同様忽然と湯屋に現れ、湯婆婆の弟子になることを懇願したという。釜爺は反対していたが止め切れず、その後は湯婆婆の手足として利用されるようになった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/千と千尋の神隠しより一部抜粋




腐海最大の蟲。卵から孵化した数十cmほどの幼生は脱皮を繰り返して成長し、成体は体長80mに達する。十数節の体節からなる濃緑色の体に14個の眼と多数の歩脚を持つ。眼の色は普段は青いが、怒ると赤くなり、また気絶すると灰色がかる。体液の色は青。口腔内には治癒能力を有する金糸状の触手が無数にある。消化管内壁からは酸素を含む「漿液」とよばれる液体を分泌し、人間は肺に漿液を満たすことで液体呼吸が可能となる。表皮は非常に堅牢かつ弾性に富み、抜け殻はガンシップの装甲板や刃物に加工し利用される。中でも王蟲の殻から鍛えられた刀剣は、トルメキア装甲兵のセラミック甲冑さえも貫通する切れ味を持つ。透明でドーム状の眼はガラスの代用品として、ゴーグルのレンズや航空機の風防に用いられる。古代エフタル王朝の時代でも特に武具の素材として活用されたが、王位継承権に端を発する内戦が勃発した際に増大する武器の需要に答えるため、武器商人により王蟲の捕獲方法が編み出され、大量の王蟲が乱獲された。結果として、その行いは王蟲の怒りを買い、後の大海嘯の引き金となった。
ムシゴヤシを好んで食べ、食べ進んだ跡は森の中にトンネル状の空間となって残り「王蟲の道」と呼ばれる。
種全体で共有する高度な知性を備えており、思いやり、慈しみといった精神文化も持っている。その慈しみは蟲を攻撃した人間にも及ぶため、憎しみに駆られその人間を殺してしまったことを悲しむ。念話(テレパシー)で人間と対話したり、他種の蟲に指令を与え行動を制御することもできる。怒った際の攻撃性は強く、群をなして暴走し、人間の居住地に甚大な被害をもたらす。エフタルや土鬼の土着の宗教には、畏怖と畏敬の念を込めて王蟲を神聖視する思想がみられる。
ちなみに王蟲の鳴き声は布袋寅泰のギター音が使われている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/風の谷のナウシカより一部抜粋




ムスカとは、スタジオジブリの映画『天空の城ラピュタ』に登場する悪役。 担当声優は寺田農、英語吹き替え版ではマーク・ハミル。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ムスカより一部抜粋




アシタカの右腕には呪いの印である痣があり、「アシタカに爆発的な力を与えるが、代わりに少しずつ命を奪っていく」というものである。
https://ja.wikipedia.org/wiki/もののけ姫より一部抜粋


下半身が太いと気にしている女子にスクワット勧めたら返ってくる言葉wwwwww
1