大石 昌良(おおいし まさよし、1980年1月5日 - )は、日本のシンガーソングライター。Sound Scheduleのボーカル・ギター担当。
https://ja.wikipedia.org/wiki/大石昌良より一部抜粋




1
『火垂るの墓』(英題:Grave of the Fireflies)が、新潮社の製作で1988年(昭和63年)4月16日から東宝系で公開された。制作はスタジオジブリ、監督・脚本は高畑勲。挿入歌としてアメリータ・ガリ=クルチの「埴生の宿(原題:Home, Sweet Home)」が使われた。
原作同様に清太の死が冒頭で描かれ、幽霊になった清太の「僕は死んだ」というナレーションから始まってカットバックしていき、神戸大空襲から清太が死地となる駅構内へ赴くまで原作の構成をほぼ忠実になぞっているが、後半部分の演出、特に節子の死のシーンの描写(原作では清太が池で泳いでいる間に死んでいる)や、ラストで清太が去って行った後の山から見える景色が現代の神戸の街のシルエットに繋がる構成などはアニメオリジナルである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/火垂るの墓より一部抜粋


下半身が太いと気にしている女子にスクワット勧めたら返ってくる言葉wwwwww
1