日本では1970年代までは女性の下着を指す言葉として「パンティー」が一般的であったが、1980年代後半ぐらいから男女・年齢の区別なく使われる「パンツ」が広く用いられるようになった。日本の下着業界では女性用・女児用を「ショーツ」と呼称している。(※英語で「shorts」といえば半ズボンの意味になるので注意。)
なお、子供用については男児用は「パンツ」、女児用は「パンツ」または「ショーツ」と呼ばれる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/パンツ
【衝撃】父親が女子大生だった!これで我々も女子大生になれるぞうぉぉぉぉおおおお!www
00a4561ab17cb71f842001d8b99570cd_s