エントロピーは、ドイツの物理学者ルドルフ・クラウジウスが、カルノーサイクルの研究をする中で、移動する熱を温度で割ったQ/Tという形で導入され、当初は熱力学における可逆性と不可逆性を研究するための概念であった。後に原子の実在性を強く確信したオーストリアの物理学者ルートヴィッヒ・ボルツマンによって、エントロピーが原子や分子の「乱雑さの尺度」であることが論証された。
クラウジウスは1854年にクラウジウスの不等式として熱力学第二法則を表現していたが、彼自身によって「エントロピー」の概念が明確化されるまでにはそれから11年を要した。不可逆サイクルでゼロとならないこの量をクラウジウスは仕事と熱の間の「変換」で補償されない量として、1865年の論文においてエントロピーと名付けた。エントロピーという言葉は「変換」を意味するギリシア語: τροπή(トロペー)に由来している。
https://ja.wikipedia.org/wiki/エントロピー
まどか、君はエントロピーっていう言葉を知ってるかい?
簡単に例えると、焚き火で得られる熱エネルギーは、木を育てる労力と釣り合わないってことさ
エネルギーは形を変換する毎にロスが生じる
宇宙全体のエネルギーは、目減りしていく一方なんだ
魔法少女まどか☆マギカ 第9話より
1
メイラード反応(メイラードはんのう)とは、還元糖とアミノ化合物(アミノ酸、ペプチド及びタンパク質)を加熱したときなどに見られる、褐色物質(メラノイジン)を生み出す反応のこと。褐変反応とも呼ばれる。
食品工業において、食品の加工や貯蔵の際に生じる、製品の着色、香気成分の生成、抗酸化性成分の生成等に関わる反応であり、非常に重要とされる。メイラード反応は加熱によって短時間で進行するが常温でも進行する。ただしその場合には長時間を要する。
https://ja.wikipedia.org/wiki/メイラード反応より
トポロジーは、数学の一分野であり、何らかの形(かたち。あるいは「空間」)を連続変形(伸ばしたり曲げたりすることはするが切ったり貼ったりはしないこと)しても保たれる性質に焦点を当てたものである。位相幾何学的性質において重要なものには、連結性およびコンパクト性などが挙げられる。別の言い方をすると、「与えられた集合を位相空間とするような開集合に関して研究する」分野である。
https://ja.wikipedia.org/wiki/位相幾何学より