記事によると

「アメリカひじき」という題名で「火垂るの墓」を書いた野坂昭如先生が出している作品。

清太は俊太という名で登場し、妹を養うため、工場で働きつつ、ポン引きなどの仕事もして収入を得て生活していたようだ。その後、36歳のころには23歳の美人妻を嫁にしており、テレビCMプロダクションのボスとなっているようです。

以下全文はソースをご覧ください
http://buzz-plus.com/article/2016/11/09/american-hijiki/

アメリカひじき・火垂るの墓
アメリカひじき・火垂るの墓 (1968年)